エフテック(埼玉県)は、新たに摩擦攪拌接合(FSW)を応用した異材接合技術を開発した。接合する部材の間にシール材を設置し、FSWによる熱で分子間結合するもので、アルミとナイロン樹脂やCFRPなどとの接合を可能とする。新車開発におけるマルチマテリアル化の取り組みが活発化するなか、同社ではすでにFSWによりスチールとアルミのハイブリッド構造のフロントサブフレームの製造技術を確立している。今後、FSWによる異材接合技術についても将来技術として応用開発を推進していく方針。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る