エフピコはプラスチック食品包装容器の配送・仕分け工程における自動搬送車(AGV)の活用を拡大する。今年4月までに導入台数を4台増やし、新たに関東ピッキングセンター(関東PC、茨城県八千代町)での利用を開始した。これまで先行して導入してきたケース単位の在庫・配送を手がける各ディストリビューションセンター(DC)に続き、小分け工程でもフォークリフトからの切り替えを進めていく方針。物流を一段と効率化するとともに、深刻化する人手不足への対応を図っていく。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る