プラスチック食品包装容器で国内最大手のエフピコは、物流部門でのさらなる効率化に取り組む。ITを活用してトラックへの積載効率を一段と高めることで、運賃や人件費上昇などに伴うコスト増を抑制する。全国に配置する配送・仕分けセンターでは省人化へ向けて主要拠点に音声ピッキングシステムを配備したほか、自動搬送車(AGV)を計20台導入。深刻化する人手不足や繁忙期における生産・出荷数量の増加などにフレキシブルに対応できる体制を整えていく。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る