エム・テクニック(大阪府和泉市)は、ディスク型の強制薄膜式マイクロリアクターの製品ラインアップにおいて、新しくラボ用の卓上実験機を開発した。近年、ナノテクノロジー関連の材料開発や、創薬開発の競争激化を背景に、マイクロリアクターが注目され生産機の受注が拡大するなか、研究開発用へのニーズが強い。同社は開発したラボ機をファインケミカル企業や製薬企業向けなどに提案し、本格的な市場展開に乗り出す。

重量21キログラムと軽量で自由に移動可能

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る