土壌汚染の浄化を中核事業とするエンバイオ・ホールディングス(東京都千代田区、西村実社長)は、中国で土壌汚染対策ビジネスに本腰を入れる。100%出資の中国子会社を活用し、日系企業向けに低コストな土壌汚染浄化システムを拡販していく。日本のガソリンスタンドなどの油汚染除去の実績を前面に押し出し、中国の3大国有石油会社へも積極的に売り込む。

土壌を加熱し、汚染物を気化・回収する原位置熱脱着工法

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

環境・規制・行政の最新記事もっと見る