エーザイは新機軸のがん治療薬の研究開発に着手する。正常細胞が異常な増殖細胞の「がん」に進化するきっかけを作る遺伝子変異の関連たんぱく質を低分子医薬品で分解する新たな創薬手法と、血液中に浮遊するがん由来DNAを高感度解析するリキッドバイオプシー(体液診断)技術を組み合わせる。がんが増殖する前の早期段階に、患者ごとの遺伝子変異に応じて個別に治療できる可能性がある。2025年までに早期がんをターゲットに治験入りを目指す。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

メディカルの最新記事もっと見る