エーザイは医薬品原薬の外販ビジネスを拡大する。インドの自社工場を拡張し、原薬の生産能力を倍増させた。他社に販売するジェネリック医薬品(後発薬)向け原薬の生産を増やしていく。現地の原薬メーカーを仲介する卸売事業や、製剤工程の受託生産でも受注案件が増えてきたという。今後は、先ごろ後発薬事業で提携した日医工向けの生産も加わる見通しだ。日本品質で低価格な原薬のニーズは一段と高まっている。同社はインド工場を活用した原薬メーカーとしても市場を開拓し、2020年には売上高数十億円規模のビジネスに育てる。


印バイザック工場を立ち上げて8年が経ち、原薬・製剤の開発、生産機能を徐々に拡大してきた

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る