エーザイは、2016年に発売した抗てんかん薬「フィコンパ」の価値最大化に取り組む。日韓での臨床試験結果を踏まえ、1月末に念願の単剤療法を国内で追加申請した。市場は「イーケプラ」(大塚製薬/ユーシービージャパン)が金額ベースでシェア首位を占めるなか、フィコンパと同時期に複数の新薬が登場するなど盛り上がりをみせている。フィコンパの特徴は、他剤にない作用機序と1日1回ですむ投与回数。次の診療ガイドライン改定をめどに、第1選択薬としての地位を目指す。

抗てんかん薬「フィコンパ」は1月末に念願の単剤療法を追加申請した

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る