エーザイは核酸医薬品に本格参入する。国内のアカデミアや核酸医薬品製造受託(CMO)企業との協業により、毒性を低減した安全性の高い核酸医薬品の創出に向け、開発から生産まで一気通貫したプラットホームを構築する。同プラットフォームにはエーザイ・筑波研究所が開発したドラッグデリバリーシステム(DDS)である脂質ナノ粒子なども活用する。数年以内にプラットホームを構築し、最初の化合物の臨床試験入りを目指す。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る