オマーンで石油精製・石油化学の統合プロジェクトが浮上している。オマーン石油公社(OOC)は、ドゥクム経済特区に建設する製油所に統合するかたちで、エチレン年160万トンのミックスフィードクラッカーを中核とした石化コンプレックスを検討する。完工は2025~26年の見通し。誘導品では、エチレングリコール(EG)やポリエチレン、ポリプロピレン(PP)、オキソ化学品、ブタジエンなどを事業化する。石化プロジェクトは、製油所と同様にクウェート石油公社(KPC)との折半合弁で進める予定。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る