オリエンタル酵母工業は、和菓子領域の食品添加物商材拡充策として、餅や団子類の老化を防止する品質向上剤「もちソフト雅」を開発、市場浸透に向けた取り組みを強する。酵素製剤で、従来なら製造2日後から硬くなる団子が、添加すると6日目でも作りたての柔らかさを維持できる。耐熱性が高く生地温度の熱い状態のまま添加できるため、製造作業の効率化につながる利点がある。餅・団子類は和風スイーツの市場拡大にともない需要が増加しており、業務用製品向けを得意とする和菓子メーカーなど供給し優位なポジション確保を狙う。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る