オリザ油化は、ブラッククミン種子由来の新規化粧品素材「コスメハーベスト ブラッククミン」を開発し、製品化する方針を固めた。50歳代以降に多い加齢臭ノネナールをはじめ、あらゆる年代の代表的な不快な体臭成分に対する消臭作用を研究により確認し、市場での訴求ポイントとして生かせると判断した。30日からタイ国バンコク市で開かれる「In―Cosmetics Asia2018」の出展を契機に、採用提案活動を開始する。頭髪用化粧品から体臭抑制スキンケア製剤など幅広いカテゴリーへの応用展開を目指す。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る