オリザ油化は、南米で栽培される果実「アグアヘ」を原料に、マイルドな植物性エストロゲン成分を含むエキスを開発した。植物性エストロゲンは女性の更年期障害への対応、肌荒れ、骨粗鬆症を軽減するとの研究報告があり需要も増加している。ただ強い活性成分を含むマメ科プエラリラ・ミリフィカの副作用による健康被害が社会問題になり、より安全性の高い新規植物性成分が求められていた。同社は緩和な機能を確認、工業化のための準備を進めてきた。このほど生産供給体制が整ったとして今月にも製品化することを決め、食品、飲料業界への提案に乗り出す。

南米産果実の「アグアヘ」

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る