オリジンが新時代のニーズを捉える塗料製品の投入を加速している。主力とする自動車用プラスチック塗料分野では素材変更に商機を見出し、CFRP(炭素繊維強化プラスチック)など車体軽量化に資する樹脂部材の導入に対応。また、現中期経営計画で重点課題と位置づける機能性塗料の育成に注力。放熱塗料が電機製品向けに採用を獲得するなど進展をみせる。通信・電源関連など今後普及が本格化する新規インフラをターゲットに、「非自動車」分野の開拓も積極化する。続きは本紙で

CFRP基材塗装は気泡が生じやすい(左)が「プラネットHS」では抑制される

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る