【ウィーン=中尾祐輔】オーストリアは次世代産業の育成に力を入れる。電気自動車(EV)、モビリティ、人工知能(AI)などの新分野を育成するため、各地にクラスターを形成している。2020年には法人税を25%から20~22%に下げる方針。これにより外資を呼び込み、国内企業との相乗効果を発揮させる。新分野における研究開発費を最大で60%支援するといったインセンティブも用意している。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る