カネダは同社がコア事業と位置付ける化粧品領域で海外ビジネスを加速する。注力地域であるASEAN(東南アジア諸国連合)での事業展開に注力する考えで、今夏に開設したタイ・バンコクの新事務所を活用し、化粧品中間原料における技術サポートを通じて顧客対応力を強化する。サンプルチェック要望などに対応する簡易設備を備え、スタッフも技術的な知見を持ち現地語対応が可能な人材を配置した。ASEAN地域の市場動向調査にも活用し、将来的には化粧品領域以外のビジネスにも反映させていく考え。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る