- 就任にあたっての抱負を聞かせて下さい。

 「(親会社の)花王では長く、『ソフィーナ』や『ビオレ』などマススキンケア製品のマーケティングに携わってきた。中国とマレーシアでの駐在経験もある。そうした持ち味を生かし、カネボウ化粧品を含む花王グループの化粧品事業をグローバルでより存在感のあるものにしていきたい」

 - 市場環境をどのように捉えてますか。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

インタビューの最新記事もっと見る