カルソニックカンセイは、自動車内装技術の高度化を推進する。EV化や自動運転技術の開発進展などを背景とした先進的デザインニーズの高まりに対応し、要素技術の開発を急ぐもの。加飾部品へのスイッチ・表示機能の融合などが想定されるなか、表皮透過技術ではすでに素材や用途に応じた独自技術の開発に着手している。同分野では中国新興メーカーなどが取り組みを活発化させており、同社では実用化で先行することで市場での優位性を確保する方針。

表皮透過技術ではすでに素材や用途に応じた独自技術の開発に着手

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る