東レの炭素繊維強化プラスチック(CFRP)成形拠点であるカーボンマジック(タイランド)は、タイ国内市場の開拓に乗り出す。主として日本の東レ・カーボンマジックが受注した製品の量産工場という位置づけから「将来的に自活できる工場を目指す」(河村俊紀MD)。すでに特命プロジェクトを組んで現地需要の掘り起こしを進めており、タイ政府の方針によりウタパオ空港(ラヨン県)が航空機の整備拠点としての育成が計画されていることに合わせて、航空機の交換部品も手掛けて地場の航空関連需要の取り込みを図る。続きは本紙で

東レグループのコンポジット生産拠点「カーボンマジック(タイランド)」

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る