カ性ソーダのアジア市況は、需給バランスのタイト化から上昇するとみていた市場関係者の予想に反して下落。液体品は足元1トン当たり320~330ドルほどで、350~400ドルだった先月から下がった。世界経済の不透明感が各川下業界の需要を抑え、域内で余剰が発生している。今後は横ばいになるとの見方が大勢を占め、踊り場を迎えたようだ。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

市況の最新記事もっと見る