キシダ化学は、創薬向けにDNAエンコーデッドライブラリー(DEL=DNAの“タグ”をつけた化合物群)を用いた分析を普及する。DELのなかから、病気の原因となるたんぱくを阻害する化合物を効率的に同定する。DELの知見が豊富な海外CRO(医薬品開発支援機関)と連携。受注や分析結果報告などの橋渡し役を担うほか、本格取引の開始後は化合物の調達にも対応する。治験につながるヒット化合物を効率的に導き出せるとして、日本の製薬業界の競争力向上に貢献していく。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る