キシダ化学はマテリアルズインフォマティクス(MI)を利用し、リチウムイオン2次電池(LiB)など次世代電解液の開発を加速する。東京大学などと連携し、自社の電解液の知見データをベースに高出力化、高容量化はもとより、安全性に配慮した電解液の開発を効率化する。すでに難燃性電解液の新組成を短期間で発見するなど手応えは十分。今後、既存ユーザーとの共同研究を活発化させるほか、電池性能を高める微量の溶剤や次世代電極の開発まで対象を広げる。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る