キョーリン製薬ホールディングスは、荻原豊常務取締役の代表取締役社長昇格を決めた。6月21日付で就任する。穂川稔社長は代表権のある会長に就く。同日開催の株主総会および取締役会で正式決定する。
 〔荻原 豊氏=おぎはら・ゆたか〕90年(平成2年)青山学院大学理工学部卒、杏林製薬入社。11年キョーリン製薬ホールディングス取締役、16年常務取締役。東京都出身、51歳。(2019・5・15・11)

新社長の最新記事もっと見る