ウレタン用の高圧反応成形機メーカーのクラウス・マッファイ・ジャパン(愛知県額田郡幸田町、鷹巣公生社長)は、愛知県大府市に新工場を設置する。自動車内装向けウレタン部材の需要拡大が見込めるなか、老朽化が進んでいる西尾市の工場から移転し効率的な生産体制を構築するのが狙い。すでに土地を確保ずみで、今年11月に竣工予定。2月には中小企業基盤整備機構のクリエイション・コア名古屋に試作開発室を開設し反応成形機を設置。顧客と共同開発する体制を整備した。続きは本紙で

 

クリエイション・コア名古屋に設置した反応成形機

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る