クラシエホームプロダクツは、シャンプーの洗浄基剤として新規アミノ酸系界面活性剤「HEA」(ラウロイルヒドロキシエチル―β―アラニンna)を原料素材メーカーの日油と共同で開発した。指通りはいいが、泡がへたりやすいという既存のアミノ酸系界面活性剤の課題を解決した基剤で、汎用的な製品と比べて約2倍の泡量を実現した。時間が経過しても泡の大きさの変化が少なく髪へのダメージを大幅に低減することができ、同社では今秋にも発売予定の新規ヘアケアブランドに採用していく予定。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る