クラレはポバール(ポリビニルアルコール)樹脂事業で、「環境」をキーワードに付加価値品の開発・提案活動に拍車をかける。食品業界でプラスチック代替を求める企業が増加するなか、紙ストロー向けの需要を掘り起こす考え。世界数カ国で実用化が始まったほか、今後はストローメーカーなどと共同で製品開発を加速していく。また、食品用紙パッケージ向けにはバリア性や耐油性などの付与効果を訴求することで、さらなる採用増へとつなげていく。発泡スチロール代替として、でんぷんとポバールの緩衝材も展開するなど、ポバールの持つ生分解性の特徴を前面に打ち出す考えだ。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る