クラレは、事業間の横串機能を生かした次世代自動車向けビジネスを本格化する。マーケティンググループが主導し、今期に入り同車向けの事業創出活動を開始した。CASE(コネクトッド・自動運転・シェアリング・電動化)に対応する素材をワンストップで提案するほか、炭素繊維強化熱可塑性樹脂(CFRTP)や窓ガラス代替となる樹脂グレージングなどの取り組みも強化していく。自動車の変化を見据えながら、バックキャスティングの手法で独自の素材群を訴求する考えだ。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

【セミナーご案内】
《自動車セミナー》『自動車業界の未来展望と化学企業の関わり』

先端材料・部材の最新記事もっと見る