クラレは、耐熱性ポリアミド樹脂(PA9T)「ジェネスタ」で新たな市場に攻勢をかける。電気・電子、自動車分野を中心に供給を拡大するなか、第5世代通信(5G)や電気自動車(EV)の需要拡大を見越し、寸法安定性や強度、低吸水性を訴求する。また、2019年度内にはガラス転移温度を向上させた新タイプの供給を予定するなど、ジェネスタの適用領域を拡大していく。さらに欧米の拠点で人員の増加を検討するなど、グローバル市場で存在感を高めていく。19年は前年比10%以上の売り上げ増を達成させる計画だ。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る