クラレは高融点ナイロン「ジェネスタ」の新規銘柄を市場投入する。ジェネスタの特徴である低吸水性と高いガラス転移温度をさらに向上させた新タイプで、このほど開発のめどをつけた。6月から国内の既存プラントで量産試作に入り、今夏にもサンプルワークを開始する予定。オンリーワン製品であるジェネスタは、自動車部品やコネクター用途を中心に年2ケタ成長を続けており、2021年にはタイで3社合弁での生産を視野に入れる。新タイプを揃えて、量と質の両面から市場開拓を加速する。


ジェネスタを用いた自動車用冷却部品

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る