クラレは繊維関連事業で、製品開発・生産プロセスの両面から“スマート化”を加速する。新たな製品展開として、スマートテキスタイル市場へ本格参入する方針を固めた。生産面ではビニロンの革新的製造プロセスを他の繊維関連生産に横展開する。マーケティングチームの機能を生かしながら、出口を見据えた素材・製品開発を進めるとともに、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)などを駆使し、新たな製造手法の確立を急ぐ。多種多様な独自製品を核に、高収益体制を実現させる考えだ。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る