京都大学発ベンチャーのクレオ・バイオサイエンス(神奈川県横浜市、岡本将社長)はミニ臓器を回路のように並べたバイオチップを用い、がんの個別化医療研究に乗り出す。独自のポリマー試薬による3次元培養法「Body on a Chip技術」を応用、手のひらサイズの樹脂製チップ上に患者の細胞を培養することで、がん病巣に近い状態を再現することに成功した。国立がん研究センター希少がん研究分野(NCC、東京都中央区)と共同で、肉腫や小児脳腫瘍など希少がんに対する治療法を開発する。ポリマー試薬をコーティングした培養プレートの生産にも着手し、年内に本格的な販売を開始する。

クレオ社の技術を用い培養した骨肉腫細胞のミニがん細胞

外販するシャーレやプレート

 

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る