グリーンネット・エンジニアリング(東京都中野区)は竹粉の工業利用を推進する。特殊混合溶融装置の使用により、高濃度の竹バイオマスプラスチックの製造技術を確立。竹粉含有率70%のコンポジットをマスターバッチとして販売し、ユーザーによる製品化を通じて利用拡大を目指す。樹脂に竹粉を配合することで曲げ弾性率や荷重たわみ温度が向上するほか、竹が持つ抗菌作用を付与することが可能。同社では、竹由来の機能性を追求することで地域バイオマスでの事業創出を支援していく。

竹資源の100%活用ビジネスを推進(写真は植物ペレット)

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る