欧米企業を中心に「グリーンメタノール」の実用化に向けた動きが活発化している。排ガス中の二酸化炭素(CO2)や、都市ごみを再生可能原料として活用することで、従来の製法よりも温室効果ガスを大きく削減する取り組みが特徴。多数のベンチャー企業が技術開発に着手している。生産コストなどの課題は残るものの、一部のプロジェクトではすでに商業生産を開始。中国勢もこれらの技術に関心を強めている。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る