グンゼはメディカル事業を強化する。4月に完全子会社化する予定のメディカルユーアンドエイ(大阪市北区)が輸入販売する骨接合材は国内シェア5割を誇る。グンゼは自社品と合わせてグループで国内シェア7割を獲得。高いシェアを生かして、マーケティング力を強化、新製品の開発にもつなげる。海外では、成長著しい中国に新製品を投入する計画。廣地厚社長は化学工業日報のインタビューに応じ、「買収により、メディカル事業は年間売上高100億円に手が届くところまできた。機能ソリューション、アパレル、ライフクリエイトの事業3本柱にメディカル事業を加え、“4輪駆動体制”を構築したい」と語った。

廣地社長

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る