- 昨年を振り返って。

 「エンプラやプラスチックフィルムなどBtoBに限っては、前半を中心に需要が旺盛で堅調だった。一方で前半は原燃料が高騰し、素材メーカーが値上げを実施したが、秋口からは価格が下がり製品への価格転嫁のタイミングを失った。米中関係など政治的影響も多少あった。もっと伸ばせたのではないかという思いもある。アパレル事業は関西での災害の影響で低調に推移した」

 - 米中貿易摩擦の影響は出ていますか。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

インタビューの最新記事もっと見る