化学品物流のケミカルトランスポート(千葉県市川市)はISOタンクコンテナ10基の新造を決めた。V字型の防波板(Vシェープバッフルプレート)を装備した13キロリットルタイプ8基と26キロリットル標準タイプ2基で、3月中にも発注する方針。13キロリットルタイプのうち4基は内部を自動洗浄するCIP(クリーニング・インテリア・プロセス)システムを搭載した仕様とする。今後、タンクが前後2つに完全に分かれた11キロリットルタイプも同社として初めて導入することも検討しており、特殊タイプを中心にラインアップを拡充する。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る