厚生労働省によるゲノム編集技術利用の食品の取り扱いに関する報告書がほぼまとまった。農産物などの食品のゲノムの一部を欠失させるゲノム編集技術を育種技術として用いるのであれば、食品衛生上、安全性審査は不要とする内容となっている。また従来の育種技術を利用した農産物などの食品との同等の安全性確認や、新たに開発業者などに対し、技術の方法、改変の内容などの情報提供をする仕組みづくりの必要性を求めている。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る