コスモテック(京都府伏見区)は、化学工場などから排出される水溶性廃液処理装置のラインアップを充実させる。同装置は減圧蒸留方式を採用したことにより、低コストで高効率な処理を実現し需要が増大している。既存機種に加えて、2018年中に日量1~2トンの処理能力を持つ最大機種の新製品を追加する。企業にとって産業廃棄物の処理コストが大きな負担になるなか、新製品で多様な顧客ニーズに応える。


日量500リットルが処理できる「CT-AQ25H」

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る