【上海=但田洋平】コベストロは、ポリカーボネート(PC)フィルムや熱可塑性ポリウレタン(TPU)フィルムといった機能性フィルムの中国での生産を検討する。従来は主にタイ拠点から輸出してきたが、中国でも耐候性や耐擦傷性が評価され、自動車をはじめ身分証(ID)カード、医療用途を中心に引き合いが増えてきた。今後はスマートフォンなどエレクトロニクス分野での需要拡大を見据える。ドイツ、タイ拠点でも2020年までに増強し、供給体制のテコ入れで成長市場を取り込む。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る