コベストロは成長の持続に向けて設備投資を大幅に増やす。ポリカーボネート(PC)とポリウレタン(PU)の各事業の生産体制を強化するのが狙い。中国や欧州などで進めている増強プロジェクトに加え、年産40万~50万トンの世界規模のプラント新設を検討しており、年内に計画の概要を固める。両事業での設備投資に加え、塗料・接着剤・スペシャリティーズ事業では買収の可能性を追求し、成長の基盤をより強固にする。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る