コーセーは次世代の高速計算機「量子コンピューター」を研究開発領域に取り込み、ものづくりの新たな手法の構築を目指す。MDR(東京都文京区、湊雄一郎社長)との協業で取り組む。化粧品は人が原料選択や官能調整を行い、薬事などの情報も掛け合わせて開発される。量子コンピューティングの技術を用いて経験則に基づかない開発を試みることで、人には思いもよらなかった処方が生まれる可能性があるという。コンピューターとの共創を通じ、化粧品開発のあり方にイノベーションを引き起こす。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る