【バンコク=岩﨑淳一】タイでバイオ医薬品を手掛けるサイアム・バイオサイエンスは、2019年にモノクローナル抗体を商業化する。がん細胞に結合して攻撃する製剤で、ノンタブリ県の本社工場に製造ライン導入などの準備を進めている。同工場では今夏、研究開発棟が完成、R&Dから製造までを一貫して手掛ける体制を整えた。海外企業との提携も推進し、さらなる製品群の拡充で成長を目指す。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る