サウジアラムコはこのほど、サウジ基礎産業公社(SABIC)を買収すると発表した。同国政府系ファンドのパブリック・インベストメント・ファンド(PIF)が保有しているSABICの発行済み株式70%を2591億2500万リヤル(約7兆6000億円)で取得する。サウジアラムコとSABICが一体となることで、石油開発から精製、化学まで一貫で手がける巨大企業が誕生する。その一方、国としては非石油産業の育成を担うPIFの財政基盤を強化することになり、政府が掲げる原油依存からの脱却につなげる。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る