サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコの石油関連施設が無人機による攻撃を受け、中東情勢が一段と緊迫化している。中東情勢の混迷が長期化すれば原油やナフサ(粗製ガソリン)の価格が上昇する可能性がある。一方で、石油化学製品の市況が緩んだ状況下では「原料価格の製品への転嫁が進まず、企業業績を圧迫する懸念がある」(国内証券アナリスト)との声も挙がる。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る