サカタのタネは、花ビジネスのグローバル成長に向けて切り花の戦略品目の一つにヒマワリを位置付け、オリジナルブランドの普及を図る。研究、生産、営業の3部門が歩調を合わせ、品種開発、種子の安定供給、拡販活動のサイクルを生かし、地域の気候にあった新品種や耐病性などニーズに対応した課題解決型の取り組みを推進する。とくに、著しい成長が見込まれるアジアでの市場を切り開く。2025年には日本で市場シェア50%獲得と、グローバルで売り上げを倍増させてヒマワリのトップシェアを狙う。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る