サティス製薬は、幻の柑橘、四万十ぶしゅかんの搾汁残渣に高い美白効果があることを発見した。角層の浅層に働きかけるヘスペリジンと肌の奥へと浸透し角化細胞に働きかける高浸透ヘスペリジンの2種類のヘスペリジンを含有、高性能な美白効果が期待できる。同社では、四万十市役所や地元企業、生産者と化粧品原料開発を進めており、化粧品OEM(相手先ブランドによる生産)事業のオリジナル原料として提案していく。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る