植物を用いた原料開発や化粧品OEM(相手先ブランドによる生産)を手がけるサティス製薬は、国産食用花のキンギョソウから抽出したエキスを開発した。心理的ストレスによる乾燥肌をケアできる原料。肌表面が皮脂でベタつき、内側は乾燥する「インナードライ」を防ぎ、肌の潤いを守ることが期待される。今後はOEMなどで化粧品への採用提案を図っていく考え。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

メディカルの最新記事もっと見る