サノフィ日本法人(東京都新宿区)は抗体医薬「デュピクセント」で新市場を開拓する。同剤は2018年にアトピー性皮膚炎の治療薬として発売され、今年気管支ぜんそくの適応も追加された。アトピー性皮膚炎に使える抗体医薬は国内で他になく、重症患者にとってはステロイド治療に代わる治療選択肢として期待が大きい。ぜんそくでは「ゾレア」(ノバルティスファーマ)など複数の抗体医薬が先行するなか、独自の作用機序で差別化を図る。続きは本紙で

気管支ぜんそくの適応が追加された「デュピクセント」

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

メディカルの最新記事もっと見る