【ソウル=中尾祐輔】サムスン電子はAI(人工知能)開発に力を入れる。音声認識と顔認識に照準を定める。サムスン総合研究所にAIラボを新設したほか、加モントリオール大学内に第2ラボをこのほど開設し、共同研究を強化する。ディープラーニングの適用によって、従来は難しかった会話の脈絡やそのときの気分を読めるようにする。スマートフォンや家電などに適用し、適切な提案や新サービス提供が可能になる。インターネット大手やアプリ開発会社などとエコシステムを構築することでAI開発の迅速化、早期普及につなげる。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る