ジェネリック医薬品(後発薬)国内大手サワイグループホールディングス(GHD)の澤井光郎会長が化学工業日報の取材に応じ、創薬モダリティ(治療手段)の変化で中長期的な市場成長に陰りがみられると予想される低分子の後発医薬品について、「少なくとも2033年までは市場プレゼンスを維持する」との見方を披露した。続きは電子版で

電子版のリリースにより、すべての記事がWebで読めるようになり、マルチデバイスで時間や場所を選ばず化学工業日報を閲覧できます。>>電子版を見る

化学工業日報社主催セミナー開催中

開催中のセミナー情報を随時メルマガで配信中。メルマガ登録はこちら

メディカルの最新記事もっと見る